新着情報

日本語の美しさ


 

 

皆様こんにちはeye!!

 

 

先日、本を読んでいるときに感じたのですが、

 

 

日本語ってたくさんの表現があるなぁと、改めて思いました!

 

 

そのお話をさせて頂きたいと思います!

 

 

早速ですが、

 

「楽しみにする」という表現。

 

 

大和言葉に変換すると、心待ちにする。など、

 

 

「感動する」→胸を打たれる。目頭が熱くなる思い。

 

 

このように、表現ひとつで言葉の印象は凄く変わるなぁと、

 

感じました!!

 

 

日本語の美しさ、奥深さを感じました!!

 

 

そして、花の終わりの言い方に、それぞれ違うことも知りました!!

 

例えば、、、

 

桜  →   散る

 

梅  →   こぼれる

 

 

朝顔 →   しぼむ

 

 

椿  →   落ちる

 

 

菊  →   舞う

 

 

牡丹 →   崩れる

 

 

と、それぞれ表現が違うそうです!!

 

 

とても驚きました!!!

 

 

菊の終わりの表現が「舞う」って凄すぎませんか???

 

 

最初に表現した方本当に素晴らしいです!!

 

もうひとつは、「せせらぎ」という言葉。

 

川の流れる“音”を表現した言葉だそうです!

 

音を言葉で表現する、そして日本語としてかなり知られているこの言葉、

 

凄いなぁ。と、感じました!!

 

 

ご利用者様とも、“昔の方の表現力は凄いね”と、盛り上がりました!

 

そして皆様から見たら、私たちの言葉がどう聞こえているのかな?

 

と、感じました!鹿児島弁離れしている世代も多いはずです!

 

 

今日は日本語や、言葉について考える日でした!!

 

 

他にも様々な素敵な大和言葉がありましたので、機会があれば、

 

また勉強したいと思います!!

 

 

改めて日本語の美しさに驚いた今日この頃でした!

 

 

河津桜01.jpg