新着情報

嚥下体操の重要性


 

 

皆様こんにちはeye!!

 

 

昨日の記事の唾液を出すことは大事!というお話の続きで

 

本日は嚥下に関するお話をさせて頂きます♪

 

 

嚥下とは、何かものを飲み込むことをさします。

 

 

この、飲み込む動作の時に、食道ではなく、気管に間違って

 

物が入ってしまうことを誤嚥と呼びます。

 

 

高齢者の方々で、この飲み込む力、嚥下能力が低下し、

 

気管に何度も異物が入ることによって肺炎をきたします。

 

これを誤嚥性肺炎といいます。

 

誤嚥性肺炎から、発熱や呼吸苦等の症状が出てくると、

 

元々体力のないご高齢の方は最悪死に至るケースもあります。

 

 

ですので、食事前の嚥下体操はとても重要なんです!

 

 

では、実際にライフコートではどんな嚥下体操をしているか

 

ご紹介いたします!!

 

 

まずは、深呼吸から行い、首回しを行い、肩の上げ下げからします。

 

 

嚥下と言っても、口だけではなく、口周りの筋肉やのど、首の筋肉を

 

ほぐすことも重要なんです!

 

 

そして次に、発声しながら、

 

あーーーーー!   いーーーーー!

 

うーーーーー!   べーーーーー!

 

と、最後は舌を出します。そのまま鼻の方にべー!!!

 

左右口角にべー!!!下にべー!!!と、4方向に舌を出します。

 

 

これはあいうべ体操という、有名な体操があるのですが、

 

是非これは皆様実際にされてみて下さい!他にも様々な

 

効果があるんです。

 

(あいうべ体操の発案者の今井先生は何度かお会いしたことがあるのですが、


とても素敵なお医者様です!)

 

 

あいうべ体操後は、口の中で舌をまわしたり

 

あっぷっぷの動きで、口の中の空気を溜めます。

 

ここまですると、口の周りの筋肉はだいぶほぐれてきます♪

 

そして表情筋等を両手でマッサージしたり、耳の後ろに

 

唾液の出るツボがあるのですが、そのツボを押しながら

 

レモンの汁を飲んだり梅干しを食べるのを想像すると、

 

唾液が出るんです。唾液を飲み込み、最後に、

 

「パ」「タ」「カ」「ラ」の発声をします。

 

ここまでしたら、ご飯を食べる準備はばっちりです!!enge_02.jpg


 

 

私達もやはり時々誤嚥してしまう時があり、苦しいですよね~sweat01

 

ご高齢の方はもっと苦しいはずです。

 

せっかくの楽しい美味しい食事が台無しになってしまいますので、

 

是非毎食前に続けて頂きたいですね♪

 

 

この記事をご覧になってくださっている皆様も是非、試してみてください!

 

いくつになっても口からしっかり食事を摂る事は

 

とても大事な事です♪

 

 

 

 

本日は、“飲み込む”→“嚥下”についてご紹介しました♪

 

 

飲み込む以外にも、また機会があれば口腔ケアの大事さ、

 

食事を口から食べる事の大事さも紹介できたらと思います♪

 

 

最後に・・・今回の台風しつこいですね(笑)

 

こんな台風初めてみました!eye

 

 

 

無題333.png

yahooニュースより

 

しつこいのは嫌われるよ!!!!\(^o^)/